初心者の為のスノボ講座TOP ウエアーの選び方 スノボゴーグルの選び方 ビンディングの選び方 スノボアイテムの選び方
初心者の為のスノボ講座

初心者の為のスノボ講座ウエアーの選び方は、とーーーーても重要!!

前に初めてボードする友人が

『ウエアー雨がっぱで大丈夫だろ!!』

冗談かと思っていら

ゲレンデで、まさかの格安雨がっぱ!!(笑い)

当日大荒れ!!彼は、吹雪いたリフトの上で紫色の唇で

『なんだかァ~ 眠くなってきたよォ~  パトラッシュ』

           と死にかけてました。(笑い)

初心者の為のスノボ講座

初心者にありがちな、ウエアー選びの失敗は、

見た目だけで選んでいたり

山の気候をなめていたりで寒すぎたり、暑すぎたりです。

最近のウエアーは安くても温度調整ができるのであったら

良い機能を紹介しましょう。暖かい順に、

ダウンウエア、中綿入りウエア、薄いウエアです。

寒がりなら中綿入りウエア、そうでない人は、薄手のウエア

をおすすめします。なぜ薄手のウエアを初心者にすすめるのかというと

1.圧倒的に動きやすい!!

2.寒ければインナーを着込めば良い!!

3.暑ければTシャツの上に着て春まで使える!!

寒がりの人は、着込むのは限界があるので中綿入りウエアーを勧めます。

ダウンウエアーは、トップシーズンしか使えないんで×

初心者の為のスノボ講座

次にウエアーの機能です。

絶対ほしい!!フードです。

特に吹雪いていたり、雪が降っていたりしたときのリフト!!

あるとないでは、大違いです。

首元が冷えないだけで全然ちがいます。

今のウエアーで、フードがないものはほとんどありませんが

フード取り外しができるものもあり

無くすと最悪です(笑い)

初心者の為のスノボ講座

ベンチレーションも絶対ほしい機能です。

特に暑がりな方はないと駄目です。

ベンチレーション暑いときだけ開けましょう!

悪い例です。

吹雪いているとき友人がリフトで

『寒い!!寒い!!さむーい!!!!!!』

とてもうるさくベンチレーション見ると、

全開でした(笑い)意地の悪い私は、[帰る直前]に

『今日一日、ベンチレーション全開だったね』と教えてあげました。

『・・・全開だ・・いつから知ってたの?』

『朝から・・・』

その後雪に埋められ1時間ほど出してもらえませんでした。(笑い)

初心者の為のスノボ講座

ゲーター、ハンドカフ、ドローコード、パウダーガードもほしい